カテゴリー
Node.js

package.jsonの中身

package.jsonの中身の例

{
  "name": "my-package",
  "description": "my first package ever",
  "license": "MIT",
  "version": "1.0.0",
  "bin": "./cli.js",
  "main": "index.js",
  "scripts": {
    "start": "node index.js"
  },
  "dependencies": {
    "axios": "^0.18.0"
  },
  "devDependencies": {
    "eslint": "^5.14.1"
  }
}

dependencies

本番環境で必要なパッケージが列挙されている

devDependencies

開発、テスト、デバッグ中にのみ必要なパッケージが列挙されている

例えば、Linter は開発中は必要ですが、本番は不要なので、devDependenciesに含める

バージョン指定の見方

前提として

例)4.17.1

と書かれていたら、

  • 一番右:メジャーバージョンは「4」
  • 真ん中:マイナーバージョンは「17」
  • 一番左:パッチバージョンは「1」

になります。

これを踏まえて

^(キャレット)

例)^4.17.1

→ メジャーバージョンは「4」と一致しかつマイナーバージョンは「17」以上

  • 4.18.x → OK
  • 4.20.x → OK
  • 5.0.0 → NG
  • 4.16.1→ NG

~(チルダ)

例)~4.17.1

→ メジャーバージョンは「4」かつマイナーバージョンは「17」と一致しかつパッチバージョンは「1」以上

  • 4.17.2 → OK
  • 4.17.5 → OK
  • 4.18.x → NG
  • 5.0.0 → NG
  • 4.16.x → NG

^(キャレット)、~(チルダ)なし

例)4.17.1

4.17.1 のみOK

scripts

コマンドのエイリアス

任意のコマンドに名前をつけることができる

main

なんかのパッケージをインポートするときのエントリポイント(?)が記載されている

bin

本パッケージを実行するときのCLIコマンドが記載されている

参考:

【初心者向け】NPMとpackage.jsonを概念的に理解する

カテゴリー
AI

AI サンプルプログラム 準備 マップ作成

準備 マップ作成

AI サンプルプログラムを実行するための準備として、
20×20マップを作成します。

以下のリンクをクリックしてください。

準備 マップ作成

このマップはJavaScriptで作っています。

参考文献:ゲーム開発者のためのAI入門