カテゴリー
Linux/Unix

iTerm2のコマンドプロンプトを変更する方法

確認環境:

macOS Catalina バージョン 10.15.5

iTerm2 Build 3.3.11

1. ホームディレクトリに移動する

cd ~

2. 隠しファイルを表示する

Shift + ⌘(コマンド) + .(ドット)を押して隠しファイルを表示する

3. 「.zshrc」ファイルがあるか確認する

あれば、エディタで開く

なければ

touch .zshrc

でファイルを作成し、エディタで開く

4.「.zshrc」ファイルを編集する

以下の補足のパラメータを組み合わせ、任意に編集する。

PROMPT="%F{magenta}[%n@%m]%f $ "
RPROMPT="[%~]"

例えば上記のような記述をした場合

のようにiTerm2のプロンプトが変更されます。

1行目のPROMPTコマンドで、色はマゼンダで、ユーザー名@ホスト名を表示するよう指定してます。

またプロンプト記号を「$」と指定してます。

2行目のPROMPTコマンドで、ターミナルの右側にカレントディレクトリを表示するよう指定してます。

補足

プロンプト 設定の例

PROMPT="[%n@%m] %~ $ "

プロンプトで利用できるパラメータ

カスタマイズするときに使いそうなものをリストアップします。

パラメータ 出力内容 例

%M ホスト名 localhost.localdomain

%m ホスト名 localhost

%n ユーザ名 root

%# ユーザ種別 #(rootの場合

%(root以外)

%y ログイン端末名 pts/0

%l ログイン端末名 pst/0(ttyの場合はttyを省略)

%? 直前のコマンドの戻り値 0

%h 、%! コマンド実行数 (history数) 1

%d 、%/ カレントディレクトリ /root/currentdir

%~ カレントディレクトリ ~/currentdir

%C カレントディレクトリ currentdir

%c、%. カレントディレクトリ currentdir ($PWD=$HOMEの場合は~)

%D 日付 12-07-31 書式)yy-mm-dd

%W 日付 07/31/12 書式)mm/dd/yy

%w 日付 Sun 31 書式)day dd

% 時間 15:50:30 書式)hh:mm:ss

%T 時間 15:50 書式)hh:mm

%t、%@ 時間 03:50PM 書式)hh:mm(am/pm format)

色設定の例

PROMPT="%F{green}[%n@%m]%f "

色の名前 数字

black 0
red 1
green 2
yellow 3
blue 4
magenta 5
cyan 6
white 7