カテゴリー
JavaScript

クッキーの登録

// クッキーとして名前/値のペアを保存する。
// encodeURIComponet()を使って、値をエンコードし、セミコロンやカンマや空白をエスケープする。
// daysToLiveが数値の場合は、max-age属性を設定し、
// 指定した日数が経過した後に無効となるようにする。
// 0を渡した場合はクッキーを削除する
	
function setCookie(name, value, daysToLive) {
	var cookie = name + "" + encodeURIComponet(value);
	if (typeof daysToLive === "number") {
		cookie += "; max-age=" + (daysToLive*60*60*24);
	}
	document.cookie = cookie;

参考書籍:

オライリー JavaScript 第6版

カテゴリー
JavaScript

クッキーの読み出し

// ドキュメントのクッキーを名前/値のペアで表すオブジェクト形式で返す
// クッキーの値はencodeURIComponent()でエンコードされていると仮定する
function getCookies() {
	var cookies = {};
	var all = document.cookie;
	if (all === "") 
		return cookies;
	
	var list = all.split("; ");
	for (var i = 0; i < list.length; i++) {
			var cookie = list[i];
			var p = cookie.indexOf("=");
			var name = cookie.substring(0, p);
			var value = cookie.substring(p+1);
			value = decodeURIComponent(value);
			cookies[name] = value;
	}
	return cookies;
}

参考書籍:

オライリー JavaScript 第6版

カテゴリー
JavaScript

クッキー

Webブラウザ上に格納され、特定のWebページやWebサイトに関連付けられる、名前の付いた少量のデータ

Documentオブジェクトのcookieプロパティを使用する。

参考書籍:

オライリー JavaScript 第6版

カテゴリー
JavaScript

localStorageとsessionStrage

Web Storage ドラフト仕様を実装しているブラウザ
Windowオブジェクトに2つのプロパティ
Storageオブジェクト
localStorageプロパティ
sessionStorageプロパティ
有効期間、スコープ

参考書籍:

オライリー JavaScript 第6版

カテゴリー
JavaScript

クライアントサイドストレージ

Webアプリケーションは、ブラウザのAPIを使って、ユーザーのコンピュータ上にデータを保存できる。

Webブラウザに対して記憶装置を提供する。

例えば、

Webアプリケーションは、ユーザーの設定を保存できる。

Webアプリケーションのすべての状態も保存できる。

このように状態を保存しておけば、ユーザが再度訪問したときに、前の状態を正確に復元できる。

Web Storage
クッキー
IE User Data
Offline Web Application
Webデータベース
ファイルシステムAPI

参考書籍:

オライリー JavaScript 第6版