カテゴリー
AWS

Auto Scaling

Auto Scaling(オートスケーリング)とは

サーバーへのアクセス状態によって、サーバーの台数を増やしたり減らしたりする機能

参考:

AWSのしくみと技術がしっかりわかる教科書

カテゴリー
AWS

スナップショット

スナップショットとは

ある時点でのサーバーのディスク状態を丸ごと保存した、ファイルやフォルダの集合

参考:

AWSのしくみと技術がしっかりわかる教科書

カテゴリー
AWS

Elastic Load Balancing

Elastic Load Balancing(ELB)

AWSが提供するロードバランサー

ロードバランサーとは、サーバーに集中するアクセス(トラフィック)を、複数のサーバーやネットワークに振り分けるしくみのこと。

1つのサーバーにかかる負荷を分散させる、負荷分散装置

ELBの種類

ALB(Application Load Balancer)

NLB(Network Load Balancer)

CLB(Classic Load Balabcer)

ELBの料金

参考:

AWSのしくみと技術がしっかりわかる教科書

カテゴリー
AWS

Elastic IPアドレス

AWSが提供する静的(固定の)グローバルIPv4アドレス

EC2のインスタンスは、停止して起動し直すと、グローバルIPアドレスが変わる。

これだと、サーバーとして使用するのに問題がある。

そこで、固定IPアドレスをインスタンスに結びつける必要がある。

この時に、固定IPアドレスをして使われるのがElastic IPアドレスです。

Elastic IPアドレスはAWSアカウントに結び付けられている。

インスタンス単位ではないので、IPアドレスを割り当てたインスタンスを削除しても、確保したIPアドレスは、そのままAWSアカウントが保持することができる。

確保しているIPアドレスは別のインスタンスやネットワークに結び付け直すこともできる。

なお、インスタンスに最初に割り当てられているグローバルIPアドレスは、ElasticIPアドレスを割り当てると、AWSのパブリックIPv4アドレスのプール(インスタンスに割り当てるために確保されているIPアドレス)に戻される。

割り当て済みのIPアドレスアドレスをElastic IPアドレスとして使用することもできない。

またElastic IPアドレスは、リージョンごとのものなので、別のリージョンで確保したElastic IPアドレスを使用することはできない。

Elastic IPアドレスの料金

基本的には無料

ただし、確保しているだけでインスタンスやネットワークに結びついていない場合

結びついていてもインスタンスが停止している場合なども、料金がかかる。

そのため、使わなくなったIPアドレスは、プールに戻すのがよい。

参考:

AWSのしくみと技術がしっかりわかる教科書

カテゴリー
AWS

SSHを使ったアクセスとキーペア

サーバー(インスタンス)にインストールしたソフトウェアの操作などは、SSHで接続して操作を行う。

代表的なSSHソフト

mac

Terminal

win

Tera Term(テラターム)、Putty(パティ)

キーペア

SSH接続でログインする際の認証に使用する公開鍵秘密鍵のペアのこという。

公開鍵方式と呼ばれる、鍵をかけるキーと鍵を開けるキーを公開鍵と秘密鍵の組み合わせで行う方法。

自分以外に公開する鍵:公開鍵(パブリックキー)

自分だけが知っている秘密の鍵:秘密鍵(プライベートキー)

この2つの鍵が1セット

SSHでサーバー(インスタンス)に接続するときに、インスタンス側でキーペアの公開鍵を指定しておき、クライアント側のソフトウェアにダウンロードしておいたキーペアファイル(xxx.pem)を秘密鍵として設定して使う。

キーペアは作成したときだけしかダウンロードできず、再発行もできない。

このため、紛失してしまった場合はサーバーを作り直すことになるので、大切に保管しないといけない。

同じリージョンのサービスであれば、共通のキーペアを利用することができる。

料金はかからない。

参考:

AWSのしくみと技術がしっかりわかる教科書

カテゴリー
AWS

Amazon EBS

Amazon EBS(Amazon Elastic Block Store)

EC2インスタンスと組み合わせて使う、データを保存する場所

HDDやSDDとかがある。

ブロックストレージボリュームとは、データをバイトをブロック単位で保存する方式で、ディスク保存の一般的な方式

一方、Amazon S3は、オブジェクトストレージと呼ばれる方式をとっている。

EBSの機能

エラスティックボリューム

ボリュームの大きさを簡単に調整できる機能

スナップショット

その時点でのデータを丸ごと保存する機能

データライフサイクルマネージャー

スケジュールに従ってスナップショットを作成・削除する機能

最適化インスタンス

特定のインスタンスタイプを最適化インスタンスとして読み書きを高速化する機能

暗号化

データボリューム、ブートボリューム、スナップショットを暗号化する機能。

KMS(AWS Key Management Service:キーを作成、管理できる機能)が使用できる。

EBS料金

EBSの料金=単価×確保時間

使っていても、いなくても確保した容量で料金が発生する。

インスタンスを停止していても料金が発生する。

単価はディスクの種類によって異なる。

参考:

AWSのしくみと技術がしっかりわかる教科書

カテゴリー
AWS

インスタンスタイプ

インスタンスにはタイプとサイズがある

インスタンスはタイプとサイズを組み合わせて

t2.micro

とかと表示される。

タイプとサイズによって単価が変わる。

インスタンスタイプ

インスタンスタイプとは、マシンの用途です。

汎用

T2、T3、M5、M4など

一般的なサーバー

コンピューティング最適化

C5、C4など

計算機能が高いサーバー

メモリ最適化

X1e、X1など

メモリアクセス速度を向上したサーバー

R4

大容量メモリを搭載したサーバー

高速コンピューティング

P3、P2、G3、F1

機械学習等で使えるGPUを搭載しているタイプやグラシック機能が高いタイプ

ストレージ最適化

H1、D2、I3など

ストレージを最適化したタイプ

インスタンスサイズ

CPUや搭載メモリ容量などの性能

nano、micro、small、medium、large、xlarge、2xlarge、4xlarge

などといったものがある

参考:

AWSのしくみと技術がしっかりわかる教科書

カテゴリー
AWS

Amazonマシンイメージ(AMI)

Amazonマシンイメージ(AMI)

ソフトウェア構成を記録したテンプレート。

インスタンス(仮想サーバー)を作るための金型のようなもので、一度金型を用意すれば、いくつもの同じ設定のサーバーを作ることができる。

サーバーに1つ1つ、サーバーOSを入れる、Apacheを入れる、ソフトの設定をする・・・とするのは面倒。AMIを使えば便利。

AMIはサーバーのディスクの中身が丸ごと入っている。

AMIからインスタンスを作成すると、すべてがコピーされる。そのため、どんなAMIにも必ずOSは入っている。

主なAMI

Amaxon Linux

CentOS

Microsoft Windows Server

LAMP Certified by Bitnami

Tomcat Certified by Bitnami

NGINX Open Source Certified by Bitnami

WordPress powered by AMIMOTO

AMIの料金

Microsoft Windows Serverのようにもともと有償のソフトウェアはAMIも有償

AMIを自分で作成する場合、イメージの容量に応じた料金がかかる。

マーケットプレイス

自作したAMIはマーケットプレイスで配布できる。

参考:

AWSのしくみと技術がしっかりわかる教科書

カテゴリー
AWS

インスタンスの作成と料金

料金=①インスタンスの使用量+②EBSの料金+③通信料金+④その他オプション

①インスタンスの使用量

インスタンス使用量=稼働している時間×単価

インスタンスが稼働している間、秒単位で課金される。

インスタンスが停止している間は料金はかからない。

単価は高性能なものほど高くなる。

②EBSの料金

EBS(ストレージ)の料金=容量×単価

確保した容量単位(保存した容量単位ではない)で課金される。

ストレージの性能(SSDはHDDか、IOPSの保証をつけるか否か)で単価が変わる

③通信料金

インスタンスからインターネットに向けた通信(アウトバウンド)のみ料金がかかる。

インターネットからインスタンスに向けた方向(インバウンド)の通信は無料

リージョンによって料金が若干異なる。

④その他オプション

Elastic IPサービスなどのオプションを使う場合、その料金が発生する。

AWS加入から1年間の無償特典

AWS加入から1年間の特典として、

t2.microを750時間/月の範囲で無償で使える。

750時間とは、およそ1台1ヶ月分

あと、EBSを30GBまで無償。通信料金は15GBまで無償

参考:

AWSのしくみと技術がしっかりわかる教科書

カテゴリー
AWS

EC2を使用する流れ

流れ

1.AWSにログインする

  • リージョンを選択し、マネジメントコンソールを開く
  • EC2ダッシュボードを開く

2.EC2インスタンスを作る

  • AMIを選択する
  • インスタンスタイプを選択する
  • ネットワークやIPアドレスを割り当てる
  • ストレージを追加する
  • セキュリティグループを設定する
  • キーペアの選択(作成)

3.EC2に接続する

  • SSHでEC2に接続する

4.ソフトウェアのインストールや設定を行う

  • ソフトウェアのインストール
  • ソフトウェアの設定

参考:

AWSのしくみと技術がしっかりわかる教科書