カテゴリー
JavaScript

テキストフィールド

HTMLフォームやJavaScriptプログラムで最もよく使われる要素
ユーザが入力したテキストは、valueプロパティに格納される。
valueプロパティに値を設定すれば、テキストフィールドに表示される文字を変更できる。

placeholder属性を使って、ユーザが入力する前にテキスト入力フィールドに表示するテキストを指定できる。

Arrival Data: <input type="text" name="arrival" placeholder="yyyy-mm-dd">

ユーザが新しいテキストを入力したり、テキストを編集したしした後、テキストフィールドから別の要素に
入力フォーカスを移動したときにonchangeイベントハンドラが呼び出される。

Textarea要素はテキスト入力フィールド要素に似ている。
ただ、ユーザが複数行のテキストを入力できる点が異なる。
JavaScriptプログラムからも複数行のテキストが表示できる。
<textarea>タグを使って作成する。

Text要素、Textarea要素はvalueプロパティやonchangeイベントハンドラが使える

<input type="password">要素

テキスト入力フィールドを少し変更したもの。

ユーザがテキスト入力したときにアスタリスク(*)が表示される。

ユーザがパスワードを入力するときに便利。フォームの送信時に、内容が暗号化されるわけではない。

<input type"file">要素

Webサーバにアップロードするファイル名をユーザが入力するための要素

この要素は、テキストフィールドにファイル選択ダイアログをオープンするボタンを追加したもの。

参考書籍:

オライリー JavaScript 第6版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です