カテゴリー
JavaScript

クァークスモードと標準モード

!DOCTYPE宣言によって切り替わる

標準モード(CSS互換モード)
CSS標準に基づいて描画が行われる
厳密なDOCTYPE宣言されたページ
理解できなDOCTYPE宣言が記述されたページ(将来の互換性のため)

クァークスモード
IE4、IE5と同じように、非標準で問題のある方法で描画が行われる
!DOCTYPE 宣言のないページ、IE5時代によく使われた!DOCTYPE宣言で記述されたページ

document.compatModeプロパティで調べる
CSS1Compat -> 標準モード
BackCompat、undefined -> クァークスモード

参考書籍:

オライリー JavaScript 第6版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です