カテゴリー
JavaScript

省略可能なセミコロン

一般的には、JavaScriptの場合、文を別々の行に記述すれば、文末のセミコロンを省略できる。

return、break、continue キーワードと、直後の式の間には改行を挿入しないこと。
++、--などの後置演算子として使いたい場合も改行せず、同じ行事記述すること。

参考書籍:

オライリー JavaScript 第6版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です