カテゴリー
JavaScript

<script>によるHTTP制御:JSONP

<script>要素をAjaxトランスポートとして使う方法は、JSONPという名前で呼ばれる

JSONPでは、HTTPリクエストのレスポンスボディをJSONエンコードして送信する


<script>のsrc属性を設定するだけで、指定したURLをダウンロードするためにブラウザがHTTPリクエストを発行する


<script>要素がAjaxトランスポートとして便利なのには、大きな理由が1つある

<script>要素は同一出身ポリシーの制約を受けないので、<script>要素を使って、ほかのサーバからデータを取得できるから

また、JSONエンコードされたデータからなるレスポンスのボディを自動的にデコードしてくれるから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です