カテゴリー
JavaScript

アロー関数

関数名を持たず、使い捨てにするもの

(引数)=>{ 実行する処理}

のように記載する

例)

function hello(getname) {
	 alert('こんんちわ、' + getname() + 'さん!');
}

hello(()=>{ return "太郎"; });
hello(()=> "花子" );

関数の書き方 その1 一般的な宣言

function hello(name){
    alert('こんにちは、' + name + 'さん!');
}

hello('たろう');

例)

function a(){
    return "A";
}
function b(){
    return "B";
}

let x = a() + b();
console.log(x);	//ABと出力される

関数の書き方 その2 変数に代入

var hello = function () {
  alert("hello");
}

例)

function a(){
    return "hello";
}

var b = a;
console.log(b);	//関数a()の内容が出力される
let c = a();
console.log(c);	//関数ア()の戻り値 hello が出力される

参考文献:

Vue.js&Nuxt.js 超入門 Kindle版

Vue.js&Nuxt.js 超入門

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。