カテゴリー
HTML/CSS

Bootstrapのブレークポイント

確認環境:

Bootstrap v4.6

Bootstrapとは

レスポンシブ対応のCSSのフレームワーク

モバイルファーストをコンセプトとしている

レスポンシブWebデザインとは

PCとかスマホとか画面サイズの違うデバイスでアクセスされたときでも対応できるようデザインしたサイト

Bootstrapのブレークポイント

ブレークポイントクラス識別子サイズ
X-Smallなし<576px
小さいsm≧576px
md≧768px
lg≧992px
特大xl≧1200px
特大特大xxl≧1400px

Bootstrapで2カラムサイトを作る

まず、以下の公式ページの通り、Bootstrapを使えるようにします。

Bootstrap イントロダクション

その後、以下のようにHTMLを記載します。

<div class="container">
    <div class="row">
        <section class="side col-md-4">
            <h2>サイドコンテンツ</h2> 
            <p>サイドコンテンツの内容</p>
            <h2>サイドリスト</h2>
            <ul>
                <li>メニュー</li>
                <li>メニュー</li>
                <li>メニュー</li>
                <li>メニュー</li>
            </ul>
        </section>
        <section class="main col-md-8">
            <h1>メインコンテンツ</h1>
            <div class="archive">
                <div>
                    <img src="no-image.gif" alt="no-img">
                    <p>見出しや文章</p>
                </div>
                <div>
                    <img src="no-image.gif" alt="no-img">
                    <p>見出しや文章</p>
                </div>
                <div>
                    <img src="no-image.gif" alt="no-img">
                    <p>見出しや文章</p>
                </div>
                <div>
                    <img src="no-image.gif" alt="no-img">
                    <p>見出しや文章</p>
                </div>
            </div>
        </section>
    </div>
</div>

こんな感じに2カラムで表示されます。

この例では、「col-md-8」でブレークポイントを設定しているので、

画面の幅が768pxより小さい場合以下のようにブレークされて表示されます。

まとめ

Bootstrapを使えば、2カラムサイトが簡単に作れます。

Bootstrapを使わないと、cssのdisplayとか、potisionプロパティとかいろいろ設定をしないといけないので手間がかかります。

参考サイト

Bootstrap Document(公式サイト)

Bootstrap Breakpoint

Bootstrap イントロダクション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です