カテゴリー
オライリーJavaScript

HTTPの制御

HTTP:Hypertext Transfer Protocol WebブラウザがWebサーバに対してドキュメントを要求する方法や、 WebブラウザがWebサーバにフォームを返信する方法、 Webサーバがこれらのリクエストや送信に応答する方法を規定している。 Webブラウザは大量のHTTPを処理する。 JavaScriptコードからHTTPを制御できる。 ウィンドウやフレームのコンテンツをリロードせずに、スクリプトからWebサーバと通信する方法。 Ajax HTTPのスクリプト制御を特徴とする、Webアプリケーションのためのアーキテクチャ HTTPをスクリプトで制御して、ページをリロードすることなくWebサーバとのデータ交換を開始する。 ページのリロードをしなくて済むことで、Webアプリケーションの応答性がよくなり、 通常のデスクトップアプリケーションと同じような感覚で使うことができる。 Comet HTTPのスクリプト制御を使う、Webアプリケーションに関連したアーキテクチャ CometはAjaxの反対側の処理を行う。 つまり、Cometでは、非同期にクライアント側にメッセージを送信するために、サーバが通信を開始する。 Webアプリケーションで、このようにサーバから送られてきたメッセージに対して反応する必要があれば、 Ajax技術を使ってデータを送信したり要求したりできる。 Ajaxでは、クライアントがサーバからデータをプルする。 Cometでは、サーバがクライアントにデータをプッシュする。 AjaxやCometを実装することをトランスポートと呼ぶこともある。 AjaxトランスポートはJSONP XMLHttpRequestオブジェクト HTTPをスクリプト制御するためのAPIが定義されている。 GETリクエストだけでなく、POSTリクエストを送信することもできる。 サーバのレスポンスを、プレーンテキスト形式でも、Documentオブジェクト形式でも取得できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です