カテゴリー
オライリーJavaScript

XMLHttpRequestの利用方法

ブラウザは、XMLHttpRequestクラスにHTTP APIを定義している。 このクライアントの1つのインスタンスが、1対のリクエスト/レスポンスのペアを表す。 このオブジェクトのプロパティとメソッドを使って、リクエストの詳細を指定したり、レスポンスデータを取得できたりする。 var request = new XMLHttpRequest(); HTTPリクエストは4つの部分で構成されている。 HTTPリクエストメソッド リクエストの送信先のURL 認証情報などが含まれるリクエストヘッダ(省略可) リクエストのボディ(省略可) サーバから送られてくるHTTPレスポンスは3つの部分で構成される。 リクエストの成功/失敗を表すステータスコード(数値およびテキスト) 一連のレスポンスヘッダ レスポンスのボディ ブラウザがクッキー、リダイレクト、キャッシュ、プロキシの面倒を見る。 リクエストやレスポンスそのものについて、コードで処理する必要はない。 XMLHttpRequestを使ったAjaxプログラミングでは、ローカルでは動かない。 一般的に、ファイルをWebサーバにアップロードして、テストをする。 XMLHttpRequestは、HTTP、HTTPSプロトコルを使って処理を行うように設計されているため。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です