Linux標準教科書

LPI-Japanが無償で提供している「Linux標準教科書 (Ver.3.0.2)」の内容が秀逸なので、メモしておきます。

1章 Linuxとは

1.1 基本ソフトウェアと応用ソフトウェア

1.2 UNIX

1.3 Linuxの特徴

1.4 ディストリビューション

1.5 章末テスト

2章 Linuxのインストール

2.1 実習で利用するハードウェア

2.2 利用するLinuxのディストリビューション

2.3 インストールの前に用意するもの

2.4 インストールの開始

2.5 インストール直後の初期設定

2.6 ログインする

2.7 コマンドの実行

3章 基本的なコマンド

3.1 ファイル操作

3.2 ディレクトリの操作(pwd,cd,mkdir,rmdir)

3.3 ファイルの内容を表示

3.4 ファイルの検索(find)

3.5 コマンドのパス

3.6 ヘルプの使い方

3.7 マニュアルの使い方

3.8 章末テスト

4章 正規表現とパイプ

4.1 標準入出力

4.2 リダイレクト

4.3 標準エラー出力

4.4 パイプ

4.5 grepコマンド

4.6 章末テスト

5章 基本的なコマンド2

5.1 ファイルのタイムスタンプの変更(touch)

5.2 ファイルの一部の取得(head,tail)

5.3 テキストファイルのソート(sort)

5.4 行の重複の消去(uniq)

5.5 文字列の置き換え(tr)

5.6 ファイルの比較(diff)

5.7 章末テスト

6章 viエディタ

6.1 viの基本操作

6.2 インサートモードとコマンドモード

6.3 編集中の大きな移動

6.4 様々な編集操作

6.5 置換と検索

6.6 章末テスト

7章 管理者の仕事

7.1 グループとユーザ

7.2 パスワードとpスワードファイル

7.3 用意されているユーザとグループ

7.4 章末テスト

8章 ユーザ権限とアクセス権

8.1 ファイルの所有者と所有グループ

8.2 ファイルとアクセス検査

8.3 章末テスト

9章 シェルスクリプト

9.1 シェルとシェルスクリプト

9.2 プログラミング

9.3 シェルスクリプト

9.4 条件分岐

9.5 繰り返し

9.6 サブルーチン

9.7 実際のシェルスクリプト

9.8 デバッグ

9.9 章末テスト

10章 ネットワークの設定と管理

10.1 TCP/IPとは

10.2 IPアドレス

10.3 経路の確認

10.4 ネットワークの設定

10.5 ルーティング

10.6 DNSを使う設定

10.7 ポート番号

10.8 サービスの確認

10.9 ネットワークセキュリティの設定

10.10 CentOS7とCentOS6の比較

10.11 章末テスト

11章 プロセス管理

11.1 プロセスとは

11.2 スケジューリング

11.3 フォアグラウンドジョブとバックグラウンドジョブ

11.4 プロセスID

11.5 シグナル

11.6 topコマンドとpstreeコマンド

11.7 プロセス間通信

11.8 章末テスト

12章 ファイル管理

12.1 Linuxのファイル管理

12.2 ディスクのパーティション

12.3 ファイルシステム

12.4 マウント

12.5 スワップ領域の作成

12.6 自動マウント

12.7 CD/DVD/USBメモリ(リムーバブルメディア)の利用

12.8 iノード

12.9 ハードリンクとシンボリック

12.10 ディスクを管理するコマンド

12.11 章末テスト

参考文献:

Linux標準教科書