入門 Python 3

Bill Lubanovic著 O'REILLYの「入門 Python3」のまとめです。

1章 Pyの味

  • 1.1 実世界でのPython
  • 1.2 Pythonと他言語の比較
  • 1.3 では、なぜPythonなのか
  • 1.4 Pythonを避けるべきとき
  • 1.5 Python 2 or Python 3
  • 1.6 Pythonのインストール
  • 1.7 Pythonの実行
  • 1.7.1 対話型インタープリタの使い方
  • 1.7.2 Pythonファイルの使い方
  • 1.7.3 次は何か
  • 1.8 Python公案

2章 Pyの成分:数値、文字列、変数

  • 2.1 変数、名前、オブジェクト
  • 2.2 数値
  • 2.2.1 整数
  • 2.2.2 優先順位
  • 2.2.3 基数
  • 2.2.4 型の変換
  • 2.2.5 intはどれくらい大きいのか
  • 2.2.6 浮動小数点
  • 2.2.7 数学関数
  • 2.3 文字列
  • 2.3.1 クォートを使った作成
  • 2.3.2 str()を使った型変換
  • 2.3.3 \によるエスケープ
  • 2.3.4 +による連結
  • 2.3.5 *による繰り返し
  • 2.3.6 []による文字の抽出
  • 2.3.7 [start:end:step]によるスライス
  • 2.3.8 len()による長さの取得
  • 2.3.9 split()による分解
  • 2.3.10 join()による結合
  • 2.3.11 多彩な文字列操作
  • 2.3.12 大文字と小文字の区別、配置
  • 2.3.13 replace()による置換
  • 2.3.14 その他の文字列操作関数

3章 Pyの具:リスト、タプル、辞書、集合

  • 3.1 リストとタプル
  • 3.2 リスト
  • 3.2.1 []またはlist()による作成
  • 3.2.2 list()によるほかのデータ型からリストへの変換
  • 3.2.3 [offset]を使った要素の取り出し
  • 3.2.4 リストのリスト
  • 3.2.5 [offset]による要素の書き換え
  • 3.2.6 オフセットの範囲を指定したスライスによるサブシーケンスの取り出し
  • 3.2.7 append()による末尾への要素の追加
  • 3.2.8 extend()または+=を使ったリストの結合
  • 3.2.9 insert()によるオフセットを指定した要素の追加
  • 3.2.10 delによる指定したオフセットの要素の削除
  • 3.2.11 remove()による値に基づく要素の削除
  • 3.2.12 pop()でオフセットを指定して要素を取り出し、削除する方法
  • 3.2.13 index()により要素の値から要素のオフセットを知る方法
  • 3.2.14 inを使った値の有無のテスト
  • 3.2.15 count()を使った値の個数の計算
  • 3.2.16 join()による文字列への変換
  • 3.2.17 sort()による要素の並べ替え
  • 3.2.18 len()による長さの取得
  • 3.2.19 =による代入とcopy()によるコピー
  • 3.3 タプル
  • 3.3.1 ()を使ったタプルの作成
  • 3.3.2 タプルとリストの比較
  • 3.4 辞書
  • 3.4.1 {}による作成
  • 3.4.2 dict()を使った作成
  • 3.4.3 [key]による要素の追加、変更
  • 3.4.4 update()による辞書の結合
  • 3.4.5 delによる指定したキーを持つ要素の削除
  • 3.4.6 clear()のよるすべての要素の削除
  • 3.4.7 inを使ったキーの有無のテスト
  • 3.4.8 [key]による要素の追加
  • 3.4.9 keys()によるすべてのキーの取得
  • 3.4.10 values()によるすべての値の取得
  • 3.4.11 items()によるすてのキー/値ペアの取得
  • 3.4.12 =による代入とcopy()によるコピー
  • 3.5 集合
  • 3.5.1 set()による作成
  • 3.5.2 set()によるほかのデータ型から集合への変換
  • 3.5.3 inを使った値の有無のテスト
  • 3.5.4 組み合わせと演算
  • 3.6 データ構造の比較
  • 3.7 もっと大きいデータ構造

4章 Pyの皮:コード構造

5章 Pyの化粧箱:モジュール、パッケージ、プログラム

6章 オブジェクトとクラス

7章 プロのようにデータを操る

8章 データの行き先

9章 ウェブを解きほぐす

  • 9.1 ウェブクライアント
  • 9.1.1 telnetによるテスト
  • 9.1.2 Pythonの標準ウェブライブラリ
  • 9.1.3 標準ライブラリを超えて
  • 9.2 ウェブサーバー
  • 9.2.1 Pythonによるもっとも単純なウェブサーバー
  • 9.2.2 WSGI
  • 9.2.3 フレームワーク
  • 9.2.4 Bottle
  • 9.2.5 Flash
  • 9.2.6 Python以外のウェブサーバー
  • 9.2.7 その他のフレームワーク
  • 9.3 ウェブサービスとオートメーション
  • 9.3.1 webbrowserモジュール
  • 9.3.2 Web APIと REST
  • 9.3.3 JSON
  • 9.3.4 クロールとスクレイピング
  • 9.3.5 BeautifulSoupによるHTMLのスクレイピング

10章 システム

  • 10.1 ファイル
  • 10.1.1 open()による作成
  • 10.1.2 exists()によるファイルが存在することのチェック
  • 10.1.3 isfile()によるファイルタイプのチェック
  • 10.1.4 copy()によるコピー
  • 10.1.5 rename()によるファイル名の変更
  • 10.1.6 link()、symlink()によるリンク作成
  • 10.1.7 chmod()によるパーミッションの変更
  • 10.1.8 chown()によるオーナーの変更
  • 10.1.9 abspath()によるパス名の取得
  • 10.1.10 realpath()によるシンボリックリンクパス名の取得
  • 10.1.11 remove()によるファイルの削除
  • 10.2 ディレクトリ
  • 10.2.1 mkdir()による作成
  • 10.2.2 rmdir()による削除
  • 10.2.3 listdir()による内容リストの作成
  • 10.2.4 chdir()によるカレントディレクトリの変更
  • 10.2.5 glob()によるパターンマッチするファイルリストの作成
  • 10.3 プログラムとプロセス
  • 10.3.1 subprocessによるプロセスの作成
  • 10.3.2 multiprocessingによるプロセスの作成
  • 10.3.3 terminate()によるプロセスの強制終了
  • 10.4 カレンダーとクロック
  • 10.4.1 datetimeモジュール
  • 10.4.2 timeモジュールの使い方
  • 10.4.3 日時の読み書き
  • 10.4.4 代替モジュール

11章 並列処理とネットワーク

  • 11.1 並行処理
  • 11.1.1 キュー
  • 11.1.2 プロセス
  • 11.1.3 スレッド
  • 11.1.4 グリーンスレッドとgevent
  • 11.1.5 twisted
  • 11.1.6 asyncio
  • 11.1.7 Redis
  • 11.2 ネットワーク
  • 11.2.1 パターン
  • 11.2.2 パブリッシュ/サブスクライブモデル
  • 11.2.3 TCP/IP
  • 11.2.4 ソケット
  • 11.2.5 ZeroMQ
  • 11.2.6 Scapy
  • 11.2.7 インターネットサービス
  • 11.2.8 ウェブサービスとAPI
  • 11.2.9 リモート処理
  • 11.2.10 ビッグデータとMapReduce
  • 11.2.11 クラウドでの処理

12章 パイソニスタになろう

付録A Pyアート

付録B ビジネス現場でのPy

付録C 科学におけるPy

付録D Python 3のインストール

参考:

O'REILLY 入門 Python3