一億人の英文法

大西 泰斗、ポール・マクベイ著「一億人の英文法」のまとめです。

CHAPTER 0

英文法の歩き方

初めての「話すための英文法」

A まずは4つの基本文型を知る

B 修飾方向を身につける

 1 限定ルール(前から限定)

 2 説明ルール(後ろから説明)

 3 穴埋め修飾

C 配置を崩してみる

D 時表現をマスターする

PART 1

英文法の骨格

CHAPTER 1

主語・動詞・基本文系

SECTION 1:主語

SECTION 2:動詞

SECTION 3:基本文系1 他動型

SECTION 4:基本文系2 自動型

SECTION 5:基本文系3 説明型

SECTION 6:基本文系4 授与型

SECTION 7:目的語説明文

SECTION 8:レポート文

SECTION 9:命令文

SECTION 10:There文

CHAPTER 2

名詞

SECTION 1:可算名詞・不加算名詞

SECTION 2:単数名詞・複数名詞

SECTION 3:限定詞

SECTION 4:代名詞

PART 2

修飾

CHAPTER 3

形容詞

SECTION 1:前から限定

SECTION 2:後ろから説明

SECTION 3:何でも形容詞

CHAPTER 4

副詞

SECTION 1:説明の副詞

SECTION 2:限定の副詞

CHAPTER 5

比較

SECTION 1:同等レベルをあらわす

SECTION 2:比較級表現:「より~」

SECTION 3:最上級表現:「最も~」

CHAPTER 6

否定

SECTION 1:notは前から

SECTION 2:「強い単語」とのコンビネーション

SECTION 3:notのクセ

CHAPTER 7

助動詞

SECTION 1:助動詞基礎

SECTION 2:主要助動詞の意味1 MUST

SECTION 3:主要助動詞の意味2 MAY

SECTION 4:主要助動詞の意味3 WILL

SECTION 5:主要助動詞の意味4 CAN

SECTION 6:主要助動詞の意味5 SHALL

SECTION 7:主要助動詞の意味6 SHOULD

SECTION 8:助動詞相当のフレーズ

CHAPTER 8

前置詞

SECTION 1:前置詞基礎

SECTION 2:前置詞の選択

CHAPTER 9

WH修飾

SECTION 1:人指定のwho

SECTION 2:モノ指定のwhich

SECTION 3:wh後を使わないケース・thatを使うケースなど

SECTION 4:where, when, whyのwh修飾

SECTION 5:ハイレベルwh修飾

SECTION 6:カンマ付きwh修飾

PART 3

自由な要素

CHAPTER 10

動詞-ING形

SECTION 1:名詞位置での動詞-ING形

SECTION 2:修飾位置での動詞-ING形

CHAPTER 11

TO不定詞

SECTION 1:名詞位置でのTO不定詞

SECTION 2:修飾位置でのTO不定詞1

SECTION 3:修飾位置でのTO不定詞2

SECTION 4:TO不定詞で使われるその他の形

CHAPTER 12

過去分詞形

SECTION 1:受動文とは?

SECTION 2:受動文基礎

SECTION 3:受動文のバリエーション

SECTION 4:過去分詞で修飾

CHAPTER 13

SECTION 1:主語位置での節

SECTION 2:修飾位置での節

PART 4

配置転換

CHAPTER 14

疑問文

SECTION 1:基本疑問文

SECTION 2:否定疑問文

SECTION 3:付加疑問文

SECTION 4:あいづち疑問文

SECTION 5:wh疑問文1 しくみ

SECTION 6:wh疑問文2 基礎

SECTION 7:wh疑問文3 応用

SECTION 8:疑問ではない疑問文

CHAPTER 15

さまざまな配置転換

SECTION 1:主語ー助動詞倒置

SECTION 2:感嘆文・その他

PART 5

時表現

CHAPTER 16

時表現

SECTION 1:時のない文

SECTION 2:現在形

SECTION 3:過去形

SECTION 4:進行形(be + -ing)

SECTION 5:現在完了形(have + 過去分詞)

SECTION 6:完了形バリエーション

SECTION 7:未来

SECTION 8:仮定法

SECTION 9:時制の一致

PART 6

文の流れ

CHAPTER 17

接続詞

SECTION 1:等位接続

SECTION 2:従位接続

CHAPTER 18

流れを変える

SECTION 1:重なりを省く・注釈を加える

SECTION 2:レポートする