カテゴリー
Git

LaravelプロジェクトをGit Cloneする方法

以下のコマンドで、GitからLaravelプロジェクトをクローンします。

git clone [GitリポジトリのURL]

LaraveプロジェクトはGit Cloneしただけでは動きません

クローンしたプロジェクトは、vendorフォルダが含まれていないので、クローンしたフォルダに移動して、下記コマンドを実行します。

composer install
カテゴリー
Git

GitHub 使い方 ブランチについて

確認環境:

Windows 10

git version 2.9.0.windows.1

GitHubのブランチについてメモしておきます。

ブランチを表示する

git branch

ローカルリポジトリに存在するブランチの一覧を表示

先頭に*(アスタリスク)が付いているのが、現在のブランチ

ブランチを作成する

git branch [ブランチ名]

ブランチを切り替える

git checkout [ブランチ名]

ブランチの作成とブランチの切り替えをいっぺんにやる

git checkout -b [ブランチ名]
カテゴリー
Git

GitHub 使い方 コミットの取り消しについて

確認環境:

Windows 10

git version 2.9.0.windows.1

GitHubで最もよく使う取り消しについてメモしておきます。

HEADについて

HEADとは、現在使用しているブランチの一番先頭をあらわす。

~(チルダー):HEADから何世代前かを指定する

^(キャレット):ブランチが複数ある場合、何番目の親かを指定する

指定例:

・HEAD~1:HEADから1世代前を指定

・HEAD~3:HEADから3世代前を指定

・HEAD~1^2:ブランチ2のHEADから1世代前を指定

カテゴリー
Git

GitHub clone,pull,stash,conflict(競合)について

確認環境:

Windows 10

git version 2.9.0.windows.1

GitHubの clone,pull,stash,conflict(競合)についてメモしておきます。

cloneって何?

githubのサイトにアップしてるデータをローカルにコピーすること。ローカルに何もない時、一番最初にこれをする。

cloneするには

リモートリポジトリをクローンするには

git clone [リモートリポジトリのパス]

カテゴリー
Git

GitHub 使い方 初心者向け

確認環境:

Windows 10

git version 2.9.0.windows.1

GitHubの基本的な使い方をメモしておきます。

GitHubとは

GitHubとは、ソフトウェア開発のためのソースコード管理サービスです。

開発中のソフトウェアのバージョン管理を行います。

Gitによるバージョン管理として、GitHubの他にも、Bitbucket、GitLabもあります。

前提として

GitHubを使う前提として知っておくこと

リポジトリ Repository:ソースコード管理するファイルやフォルダのまとまり

ローカルリポジトリ Local Repository:自分のPCのリポジトリ

リモートリポジトリ Remote Repository:GitHub(サーバー)のリポジトリ

コミット Commit:ローカルリポジトリでファイルの内容の変更やファイルの追加、ファイルの削除をリポジトリに保存すること

プッシュ Push:ローカルリポジトリのコミット内容をリモートリポジトリに反映させること

ブランチ Branch:GitHubは開発の履歴を平行管理できるように本流から支流を作ることができるが、本流、支流のこと。

最初は本流しかなく、masterとなる。必要に応じて支流のブランチを作成する。

カテゴリー
Git

Git 基本コマンド

分散型バージョン管理システム Gitで使う基本的なコマンドをメモしておきます。

確認環境:

Max OS X El Capitan 10.11.2

git version 2.6.4

Xcode 7.3

Command Line Tools for Xcode 7.3

gitを使えるようにする準備:

macでGitを使えるようにするために、以下からインストールしておきます。

または、macのコマンドラインツールをインストールすれば、Gitも一緒にインストールされます。

(Apple IDが必要です。)

Apple DeveloperのDevelopに移動し Download を選択します。

その後、Apple ID を入力し、以下の画面に移動します。

コマンド入力が苦手な人は、こちらを使えば、GUIベースでバージョン管理ができます。