カテゴリー
エディタ

viエディタの使い方

Linux、Unixで使用できるvi、vimエディタの使い方をメモしておきます。

vi、vimエディタの違い

vi(ヴィーアイ)を使いやすく拡張したものがvim(ヴィム)

どちらもUnix環境で使用できるテキストエディタです。

Xserverでもviが使えます。

ファイルを開く

vi [ファイル名]

vimの場合は

vim [ファイル名]

ファイルを開いた直後はコマンドモードになります。

カテゴリー
エディタ

Sublime Text 3 スニペット Snippet

開発環境

Sublime Text 3

スニペット Snippetとは

単語登録の便利版のようなもの。
よく書くコードを登録しておくと、次からTabで登録した内容を展開でき楽になります。

スニペット Snippet を登録する

Tools -> Developer -> New Snippetを選択すると

<snippet>
	<content><![CDATA[
Hello, ${1:this} is a ${2:snippet}.
]]></content>
	<!-- Optional: Set a tabTrigger to define how to trigger the snippet -->
	<!-- <tabTrigger>hello</tabTrigger> -->
	<!-- Optional: Set a scope to limit where the snippet will trigger -->
	<!-- <scope>source.python</scope> -->
</snippet>

 

のようなテンプレートが表示されます。

これを、

カテゴリー
エディタ

Sublime Text 3 おすすめパッケージ

開発環境

Sublime Text 3

Sublime Text 3でおすすめのパッケージをメモしておきます。

Material Theme(テーマ)

見た目をかっこよくしたいなら、これをとりあえず追加します。

Emmet

htmlタグの入力が飛躍的に便利になるパッケージです。1度使うと、手放せなくなります。
こちらのチートシートと一緒にどうぞ。
Emmet cheat sheet

カテゴリー
エディタ

Sublime Text 3を使ってみる

開発環境

Sublime Text 3

Sublime Textのダウンロード、インストール

Sublime TextはWindwosでもMacでも使用できるエディターです。

以下のサイトからSublime Text 3をダウンロードできます。

ダウンロードしたらインストールします。

Sublime Text 3

Sublime Text パッケージをインストール

Sublime Textをインストールしたら、次はパッケージをインストールします。

パッケージをインストールすると、Sublime Textにさまざまな拡張機能を追加できます。

カテゴリー
エディタ

macのテキストエディットをテキスト形式にする

確認環境:

mac バージョン10.12.6

macのテキストエディットはデフォルトだと、リッチテキスト形式になるので、

テキスト形式にする方法をメモしておきます。

テキストエディットを起動する。

環境設定を開く。

フォーマットを標準テキストを選択する。